代表的な呼吸器疾患の風邪症状も案外怖い病気である

呼吸器疾患の中でも、誰もが一度は患ったことがある病気として、かぜが挙げられます。かぜは、かぜ症候群と呼ばれ、呼吸器系の病気の中でも、感染性呼吸器疾患にカテゴライズされているものです。

誰でも油断をしていると、患ってしまう病気ですし、手近なものであるため、軽く考えがちですが、あまり軽くみていると、大変な状態に陥ってしまうことにもなりかねません。

ここでは、かぜについて詳しく紹介していきましょう。

かぜから発熱または嘔吐による苦しい症状へ

発熱があり、頭痛や咳が起こった場合には、かぜと判断される場合が多いでしょうが、肉体のどこかどのようになったら、かぜ症候群と診断されるのか詳しく説明できる方は少ないことでしょう。

かぜ症候群と診断されるのは、鼻や咽頭、更に喉頭などの上気道が炎症してしまった時と考えている方も多いものです。しかしながら、近年では、下気道といわれる気管支や肺、気管などに炎症をきたしているものも、かぜ症候群として診断されるようです。

基本的なうがい手洗いでウイルスを寄せ付けない

なぜかぜ症候群に掛かってしまうのでしょうか。よく小学生などにも、手洗いやうがいを行うようにと徹底されていますが、それはかぜにかかってしまう要因になるからです。

かぜ症候群にかかる一番の原因は、ウイルス感染です。空気中には、様々なウイルスが飛散しており、それを体内に取り込んでしまうために引き起こされます。

代表的なかぜウイルスとしては、ライノウイルス、パラインフルエンザウイルス、インフルエンザウイルス。コロナウイルス、RSウイルスなどが有名です。これらのウイルスが原因となる可能性が80パーセントから90パーセントと言われています。

残りの10パーセントですが、A群β溶血性連鎖球菌と呼ばれるいわゆる溶連菌や、百日咳菌などの細菌。非定型病原体と言われるマイコプラズマやクラミドフィラがその要因になっているとされています。

かぜ症候群にかかってしまったら、どんな治療をするべきなのでしょうか。前述にもある通り、かぜと一言で言っても、その原因は違っています。

ウイルス性の場合には、安静にし、水分と栄養補給をすることで自然治癒を期待します。細菌の場合や非定型病原体の場合には、抗菌薬を投与することで治療を行っていくのです。