老若男女を悩ませる気管支ぜんそくの苦しさ

男性でも女性でも関係なく多くの患者数を誇っている呼吸器疾患といえば、気管支ぜんそくが有名です。近年では、大気汚染などの環境の変化によって、気管支ぜんそくが引き起こされやすい状態になっています。

ここでは、呼吸器疾患の中でも、アレルギー性疾患に分類されている気管支ぜんそくについて詳しく紹介していきましょう。

気管支の壁がむくむという息苦しさ

気管支ぜんそくというのは、文字通り、気管支の部分に炎症が続くことによって、外部刺激など、ちょっとした刺激にも過敏に反応してしまうようになり、空気の通り道が非常に狭くなってしまうことによる息切れや呼吸困難を伴う病気です。

炎症により、気管支の壁がむくんでしまいます。それによって、粘りをもった痰が増え、筋肉が収縮してしまうことによって、気管支を狭くしてしまうのです。

結果として、呼吸を正常に行うことができず、ぜぃぜぃ、ヒューヒューという呼吸を行う度に喘鳴(ぜんめい)が伴うようになり、常に息苦しさを感じてしまうわけです。

ダニやハウスダストで気管支ぜんそくを引き起こす

気管支ぜんそくは、何が原因で引き起こされる病気なのでしょうか。その要因は、様々にあるとされています。患者数の割合を見ると、小児が5パーセントから7パーセントあり、成人になると3パーセントから5パーセントと少なくなるものの、その割合は非常に多いです。

原因を見ると分かりますが、ダニやハウスダスト。更に花粉やペットのふけといった日常生活に当たり前に起こり得るものが原因となるアレルギー症状によって引き起こされると言われています。しかしながら、この場合は、小児である場合が多く成人の場合、その原因の特定には、困難を極めると言われています。

喘鳴などの目に見えてわかる発作がないと、根治したように勘違いすることが多い気管支ぜんそくですが、発作を引き起こす気管支の炎症は、続いていることがほとんどです。

気管支ぜんそくの治療としては、予防薬を摂取することが唯一の治療方法だと言われています。治療は吸入薬によるものがほとんどで、その成分はステロイドになります。

また、原因となるアレルギー物質が判明している場合には、そのアレルギー物質を遠ざけることも重要です。